2005年07月30日

一人を除いて

夜の店でバイトをして1年だかの時間がたった。


店の大きさは3人掛けのテーブルが4つ。カウンターに10人。
あとは、たったまま飲んでくださいというスタイル。

学生しながらの水商売で、毎日、なにか足りないって思ってた。

つきあった女の子も何人かいた

月曜の彼女の嫌なところを見つけては、火曜の彼女と会い、火曜の彼女の不満を水曜の彼女で満たしてた。

その頃の自分は、そんな自分の生き方に価値があるって思ってた。でもやっぱり何か足りないって、いつも思ってた。


………



なんだか、全部、面倒になってきた。


一度精算してやれって思った。



ここ1年の間でつきあってる子

俺の働いてる店に全員集めることにした。


「お店やめることにしたんだ。最期に花を持ってきてよ」って…


ちょっと、つきあっただけの子とか、エッチなしでデートだけした子とか、
仲のいいお客さんとか、その友達とか…



で、当日…


想像以上だった。

けんかしてる子とか、泣いてる子とか、怒って帰った子とか…

いろいろありました。


花束はたくさん、集まった。俺の1DKの部屋が全部、花でうまった。

でも、その時つきあってたことは、全員わかれた。


一人を除いて…


五年たって俺は、その土曜日の彼女と結婚した。




おわり









posted by 白雪 at 16:29| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

女子大生( じょしだいせい )

よし!
では、金曜の彼女。

女子大生


出会ったのは、旅行の添乗員のバイト。

女子高生の客だった。(出会ったときは、女子高生、その後、女子大生…)

旅先でも、ずっとそばにくっついて離れず、旅行から帰ってきても、毎日、電話してきた。
すごい、モーション

その頃は、他につきあってる子もいなかったので、何となくつきあうことにした。
(つまり、この話の最初の一人目ということ…)

毎日、会いたいと言ってるわりには、「他につきあってくれって言う子がいるんだ」とか
「前彼のまあくん(仮名)が、これ好きだったんだ」とか、そんなところに、どんどん冷めていった。
あと、その頃はまだ、俺も若造だったのでエッチしても、多分、あまりうまくいってなかった。

彼女も「どうして、いつまでも痛いのかな たらーっ(汗) なんて言ってた」

そんなとき、クラブで女子高生(らんらんと一緒のとき出会った子)と出会った。

彼女が二人目だ。
posted by 白雪 at 20:52| Comment(4) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生ツアー

学生しながらアルバイト

1シーズンだけやってたのは、いわゆる学生ツアー

経営してるのは、旅行会社なんだけど運営は学生。
パンフレット配ったり、パーティを企画したり…
ま、給料はあってないようなもの。
学生サークルの延長って感じかな。

でも、シビアなところもあって、そのシーズンのツアーが終わって、
パーティにどれだけ客を呼んでこれるかで、力量がはかられる。
(このころは学生の運営のパーティが流行ってた。500人とか、それ以上とか…)
こういう、いかがわしいサークルは、その後、記憶にも新しいが逮捕されたりしたやつもいるよね。

で、話を戻すと、旅行客は、高校生とか大学生の女の子が中心。
夏のシーズン 避暑地にいって、湖でウィンドサーフィンしたり、テニスをしたり、
夜になると、その場所にあるクラブみたいな所に集まってパーティをしたりする。

客は女性が90%以上。
夏だけに出会いも求めたりもするが、いかんせん…

男がいない。雨

そりゃあ、ちょっと ぶー兄ちゃん/media/img_20050619T110219878.jpgでもいけちゃうよ。

写真とって現像出来たら送りますから住所教えてくださいと言われて、結構アドレスがたまる。

出会いがないよーっていう男子!

添乗員やれ! 添乗員
posted by 白雪 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

らんらんと赤い薔薇

そのころ、らんらんは、著名な建築家の、コンクリート打ちっ放しの おしゃれなBARで働いてた。
小さな店でカウンターに座れるのが、4人ぐらい。あとは2人かけのテーブルが3つある程度だった。そして、照明を落としたバーカウンターに一輪の赤いバラが、いつもさしてあった。

その、花を買いに行くのは、らんらんの役目。

毎日、夕方になると、同じ花屋へ、赤いバラを買いに行く。

「赤いバラを一輪ください。」

次の日も

「赤いバラを一輪ください。」

そして、次の日も

「赤いバラを一輪ください。」

いつも、同じ時間に赤いバラを一輪、買いに来る男。
花屋さんは、どう思っただろうか?




posted by 白雪 at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らんらんの彼女1

ある日、俺とデパガの彼女。
らんらんとその彼女のるんるんちゃんと4人で、飲みに行った。

ちなみにデパガの彼女とるんるんちゃんは初対面。

その中で血液型の話になった。
デパガの彼女「私、血液型B型ー」
るんるんちゃん「私、血液型A型ー」

ほとほと酔って四人で帰り道。
るんるんちゃんはデパガの彼女の耳元でささやいた
「私、ほんとは、血液型B型ー」

他にも、いろんな嘘を彼女に懺悔していた。
うーん。あとから、俺にそんな話しされてもな。どうしたものか…


posted by 白雪 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

やわらかいおっぱい

hoshino_aki_0317_01-thumbnail2.jpg

やわらかそう → ほしのあき
posted by 白雪 at 21:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊田曜子のここが好き

021yokoku.jpg

腹筋
posted by 白雪 at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子高生( じょしこうせい )

よし!

では、木曜の彼女。

女子高生

知り合ったのは、クラブ。
らんらんと、ある店に遊びに行ったときのこと。

あれ、あいついねぇな、どこいったんだ って思ってたら
女の子と手つないで、こちらに歩いてきた。

つかまえてきたんだーって…
またかよと思い、「こっち、こっち」と案内され、彼女のテーブルへ。
そこに、もう一人の子がいた。
何か、すごく怒ってて
「こんなとこで声かけるのって、どういうつもり!!」

って、俺、声かけてませんけど?…汗

にしても、なぜこの子は怒ってるのか?

そうこうするうちに送ってくことになった。
らんらんの運転で、その横は、やつが手をつないでた子。
後ろのシートに、俺と、怒ってた子。

彼女のとなりに座ってたら、なんでか、熱いキスをしてしまった。
うーん、わからん、自分…

その日は送っていって、また会う約束をした。

帰り道、らんらんは俺が、後ろでいちゃいちゃしていたのに腹を立て
ミラーの死角でいちゃいちゃすんなと怒られた。

次の日、やつの車は後ろが全部、見渡せる大きいバックミラーに変わっていた。


posted by 白雪 at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ戻れるかな

モバQ  モバQ  モバQ  モバQ  モバQ  モバQ  モバQ
posted by 白雪 at 19:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

テストテスト

あああ

テストテスト

あああ

 

posted by 白雪 at 11:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。